01 理科の実験1 ビーバーB.BARと月の光SUCRE 01

『菓子を作るという理科の実験1』
ひなぎくきつねの看板娘   ガール <GARL > 北海道小麦の全粒粉100% 奄美諸島のきび砂糖 ご近所の平飼い卵を各1/3ずつまぜて焼くシンプルなスポンジ。小麦の滋味が力強く伝わる菓子です
のちにこれは「初代ガール」となり きび砂糖を北海道てんさい糖にかえて赤房すぐりを加えた「山ガール」 白砂糖とカモミールの「野々ガール」 波照間黒糖とパイナップルの「島ガール」の妹たちができました

No.01『ビーバーと月の光sucre』に掲載の写真とレシピは 01ガール 02おとうと 03紅いベリーのサバラン風ケーキ 04ブルーなベリーのブルーのケーキ 05るばるば 06ルバーブのアーモンドタルト 07ルバーブのアーモンドスクエア 08タルト・シトロン 09チーズケーキNY式 10きつねのプリン 11クレム・ロワイヤル 12苺のコキエット の予定です




ひなぎくきつね おしらせ 2016年3月~4月
4月 種まき休みをいただきます
ひなぎくきつねのタルト・シトロン 2015.06.05
10 古都の建物 坂道 曲り角 … 人の手の跡
5月 田のあぜや蓮田によくある花 忘れな草とは別種です