10月17日(土) 昼 クチーナ インテグラーレのお知らせ 第18回

アッラクチーナデルソーレ 伊崎裕之さん主催。
伊崎さんからのご案内です。

身体をつくってくれる毎日の食べものをとおして、社会の、地球の全体の中で、未来につなげていけることを考えていきたい。そんなことで、3ヶ月おきに行っている食事会です。いつものようにレストランで食事するように、ご都合に合わせてご予約ください。基本は少しだけ乳製品も入った植物性の料理です。苦手なものがある方は、ご予約の時にお伝えください。

今回は「豊かな日本の秋を味わいながら、食料自給率を考える」といったテーマです。

日本が基準としているカロリーベースの自給率だと、リゾットは42%、キャベツのパスタは21%くらいだそうですが、畑の肥料や牛さんの食べ物とかも考え、いつもどおりにペルグラッツィアでつくったものを、国産と輸入との割合で考えると、リゾットは70%、パスタは30%くらいになります。といった一つの例ですが、何を問題、課題にするかというところで、食料自給率にどれだけの意味があるのか、そして何を考えていかなければいけないのでしょうか。

* サツマイモと焼きナスのサラダ
* くりと天然ブナハリ茸のリゾット
* 柿とぶどうの寒天よせ 他
お料理4品くらいの予定です。

10月17日 土曜日 お一人様 ¥3000
11時30分から13時の間でご予約ください。

千代田区丸の内3-1-1 国際ビル地下1階
ペル グラッツィア デル ソーレ 03-5220-3300




ひなぎくきつね おしらせ 2016年3月~4月
15 おみやげごはん 日本型ベジタリアン研究
ふきのとうのスポンジと紫ヒヤシンス2019.03
07 ケケとチョコラテ・カリエンテ -01
10 古都の建物 坂道 曲り角 … 人の手の跡