1 全粒粉レモンスポンジ 

スポンジの基本のひとつ、「三同割のスポンジ」です。粉を1/3、卵を1/3、砂糖1/3ずつ(同重量)を常温で泡立てるもの。材料の力と製作者の技術が味にかわるという、シンプルで実直なおいしさが身上の菓子です。

焼き上げて、自家製の赤すぐりゼリー(種をこしたジャム)をかけます。
八ヶ岳南麓あたりでは、昔から家々になじみの庭木のひとつが赤すぐり(レッド・カランツ、グロゼイユ・ルージュ)だったそうです。「肥料もやらず養生せずとも良く実をつける、きっと土地に合っているのだな」とは植木屋さんの話。初夏の庭に、輝く赤い房がきれいです。

スポンジの材料──小麦全粒粉 全卵 きび砂糖 レモン果汁 
ほかの材料──赤すぐり 白砂糖

スポンジの香味料の基本は、バニラ種子またはレモン果皮すりおろしです。国産無添加レモンがあるときは果皮を加え、それ以外は果汁のみ使っています。




ひなぎくきつね おしらせ 2016年3月~4月
秋の暮らし2012年10月11日 豆を干す
春のおなじみ ふだんそうの発芽。株は二年草で一度冬を越え 若い葉をくれて6月にトウ立ちする2019.05
2月 春を予告する雨の朝 空気のにおいも圧力も昨日とちがう 今年もこの日が来た
ひなぎくのささやきつねの鼻ちょうちん20160703