秋の暮らし2012年10月23日 栗は拾うもの

DSC01937近くの林に大きい栗の木があります。栗の実など私の手に入るわけはないと長年頭から思っていました。

なぜか今年は、地面に落ちた栗のイガの近くに、太った実がばらばらと転がっているのに出合い、
「そうか、栗はイガをこじあけるのでなく、素手で拾うものなのか」と感激。
拾いたての栗は丸ごと茹でても、渋皮が渋くなく、食べてしまえます。
そして「栗は拾うもの」と言うたびに、好きな本のひとつ「穴は掘るもの落っこちるとこ」の語調と似ている、と思い出しています。




ひなぎくきつね おしらせ 2016年3月~4月
 電灯と一緒に住むカレ 20150805
めぐる季節2月 冬姿のラズベリー母木2019
03 八ヶ岳 めぐる庭の菓子売り場 -05
10 古都の建物 坂道 曲り角 … 人の手の跡