<ビーバーB・Barと月の光>初めてのお知らせ

ひなぎくきつねの第六期、<ビーバーB・Barと月の光>をご案内いたします。
今期のテーマは「Cafe & Bar : (夜は、女の人がひとりで寄れる女の人のワインバー)」。
女の人の楽しみを応援する場のひとつになれるといい、みんなで育てていけるといいと思っています。
メニューは、いつものとおり全品、 肉・魚介類を含みません。多くはラクト・オボ(乳製品と卵)ベジタリアンです。
菓子類は、前期<きんからげつベーカリー>の好評を引き継ぎ、「国産小麦の全粒粉*100%と自家野菜」でつくるケーキとキッシュをご用意しています。 

■定期開店は、毎月28日~翌月2日。 12時~8時。
Cafe は12時 ~5時、  Bar は 4時~8時、 テイクアウトは12時~8時いつでも。 

■定番のご用意は
全粒粉100%レモンスポンジ(きび砂糖) 、ルバーブのしょうがスポンジ(白砂糖)、 畑の豆と青菜のキッシュ、  手みやげ向きルバーブのコンポート(びん詰)。

*「小麦の全粒粉」とは、小麦を丸ごと挽いた粉。胚芽(ジャーム)とふすま(ブラン)の部分に、身体によい栄養素を多く含み、力強く香ばしい、滋味の味わい。ぜひ一度おためしください。 

■■■Cafeは12時~5時(L.O.4時)。■■■

■Cafeメニューは、
飲みもの──コーヒー/紅茶、 アイスコーヒー/アイスティー、 自家製ルバーブシロップのペリエ割り/ジンジャエール、 トマトジュース/野菜ジュース 
お菓子は──定番に加えて、今月の菓子「チョコ・モカ・マーブル」 ……どれも一品 五百円

■小ぎつねごはん──(月)(金)のみ、ご予約お持帰り用。五百円。TEL 03-3584-6010
「お米を、おいしく、もっとたくさん食べましょう」が合言葉の、豆と野菜の小さいおべんとう(ビーガン)。
ご飯は、まぜずし/炊込みご飯/小豆ご飯から、ご用意します。
次回は11月1日に。献立は、酢漬茗荷のまぜずし、精進筑前煮(ごぼう、人参、車麸、生揚、蒟蒻、昆布)、白菜一夜漬

■■■Barは4時~8時。女性だけのWineBar■■■
ひとりだけど家への途中ちょっと一口飲みたいな、ヘルシーなおかずがあるといいな、お店の人や男の人を気にしない所がいいな、なんていうとき、思い出してください。ふらっとでもいいしお電話いただければ確実です。
全部で8席と小さいので、ご予約は一名様・二名様のみ。時間内お問合せは何名様でも(電話03-3584-6010)

◆Barメニューは、
飲みもの──ワイン/ビール、ジンジャエール/ルバーブシロップのペリエ割り、トマトジュース/野菜ジュース 
お料理は──植物性だけ(ビーガン)とベジタリアン(野菜と卵と乳製品)です。
Cafeメニューのほか
・今月のキッシュ──「きのこのキッシュ」
・たっぷり青もの150g──サラダか蒸し野菜、煮びたしなどを150g目安で。
・フルーツナッツプレート──ライ麦パン、チーズ、いちじく、オリーブなどを少しずつ。
・季節のおかず──未定ですが、家庭風マカロニグラタンとか、冬なら、けんちんとか……どれも一品 五百円

場所は、六本木駅と東京タワァの中間。いちばん近いのは南北線六本木一丁目駅。上に首都高速が通る飯倉片町交差点をタワァ方向へわたり、ビル五軒めの横、小さい坂が袋小路の入口です。

六本木には、ヒルズやミッドタウンや美術館やAXISがあります。
お出かけの際には、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

ひなぎくきつね  森  守




ひなぎくきつね おしらせ 2016年3月~4月
07 ケケとチョコラテ・カリエンテ -08
「ルバーブは寒さがへいちゃら宿根草」2011/5/4
5月 五月の十五夜
めぐる季節2月 ピンク猫柳満開の早春2019