窓の訪問者 美人 2012年1月

朝、一階の雨戸をあけると、窓の内側にこんな模様が訪れていました。

雨戸とガラス窓をはさんだ、外気温と室内温の差によって水気がたまり、それが絵具となって霜を描くのでしょう。温度が低いほど、背が高く、身振りのびやかな美人に育つ、みたいです。その日ごとにちがう、優雅な美しい人をながめる朝の楽しみ。台所で-2℃の朝でした。




ひなぎくきつね おしらせ 2016年3月~4月
ラズベリーは八ヶ岳の自生植物 2011/11/13
11 窓と光と 風とドアと … 旅にくらす私たち
畑のこと──八ヶ岳970野菜:クール宅急便
食用ほうづき 2018.11